美容液は、化粧水のあとにつけるスキンケア用品で、保湿効果が高く、ニキビ予防にも効果があるものです。もちろん、化粧水にも保湿効果はあります。しかし、徹底したニキビ予防を目指すなら、美容液の使用はマストでしょう。なぜなら、化粧水の成分はほとんどが水分なので、つけてから時間がたつと蒸発してしまうのです。そこで美容液を使うことでその蒸発を防ぎ、化粧水だけの場合よりも、より高度な保湿が可能になるんですよ。

美容液を選ぶ際のポイントは、ニキビに有効な成分が含まれているものを選ぶ、ということです。例えば、ビタミンC誘導体やセラミドです。ビタミンC誘導体は、皮脂の過剰な分泌を抑え、ニキビを予防する効果があります。セラミドとは、肌を保湿する成分で、人間の角質に元々含まれていますが、美容液で補助的にとることで、さらなる保湿が可能になるのです。美容液を選ぶ際は、ビタミンC誘導体やセラミドが入っているものを選ぶのがいいでしょう。

また、「ノンコメドジェニック」と表記のある美容液を選ぶのもおすすめです。ノンコメドジェニックとは、ニキビができやすい成分の入っていない美容液のことです。どんな成分が含まれているとニキビができやすいのか、素人には判断が難しいですが、これさえ覚えておけば安心ですね。これであなたの肌もニキビ知らずです。