乾燥は大敵!化粧水で保湿を


洗顔剤で余分な皮脂、汚れを落としたあとは、化粧水でしっかり保湿をします。乾燥肌はニキビの温床となります。しっかり化粧水を浸透させ、肌を潤った状態に保ちましょう。ですが、保湿目的だからと言って付け過ぎはNGです。ニキビが悪化してしまいます。

化粧水選びにおいて気を付けたいのは、油分を多く含み過ぎていないものを選ぶということです。上記でも述べたように、余分な皮脂が分泌された状態だと、ニキビができやすくなってしまいます。ですので、化粧水は、適度な油分を含んだものを選ぶのがいいでしょう。皮脂の分泌量は個人差があるので、いろいろ試し、自分に合ったものを使ってください。

また、ピーリング化粧水には注意が必要です。ピーリング化粧水は、肌の古い角質を落とすものですが、刺激の強いものが多くあります。その副作用として、乾燥が進み、肌荒れの原因になってしまうのです。ですので、肌の敏感な人は使用を控えたほうがいいでしょう。

最後に、肌に合わないものは使わない、ということも重要になります。例えば、化粧水に含まれる香料やアルコールなどが肌に合わない人がいます。もし、肌に合わないものを使い続けてしまった場合、ニキビだけでなく、かぶれなどの原因にもなってしまいますので注意しましょう。

関連資料⇒保湿ケア化粧品でニキビ対策 / みんなの肌潤糖


Written by admin in 未分類

Next Post

美容液でニキビ知らずの肌に

洗顔剤で余分な皮脂、汚れを落としたあとは、化粧水でしっかり保湿をします。乾燥肌はニキビの温床となります。しっかり化粧水を浸透させ、肌を潤った状態に保ちましょう。ですが、保湿目的だからと言って付け過ぎは […]

Continue Reading