美容液でニキビ知らずの肌に

美容液は、化粧水のあとにつけるスキンケア用品で、保湿効果が高く、ニキビ予防にも効果があるものです。もちろん、化粧水にも保湿効果はあります。しかし、徹底したニキビ予防を目指すなら、美容液の使用はマストでしょう。なぜなら、化粧水の成分はほとんどが水分なので、つけてから時間がたつと蒸発してしまうのです。そこで美容液を使うことでその蒸発を防ぎ、化粧水だけの場合よりも、より高度な保湿が可能になるんですよ。

美容液を選ぶ際のポイントは、ニキビに有効な成分が含まれているものを選ぶ、ということです。例えば、ビタミンC誘導体やセラミドです。ビタミンC誘導体は、皮脂の過剰な分泌を抑え、ニキビを予防する効果があります。セラミドとは、肌を保湿する成分で、人間の角質に元々含まれていますが、美容液で補助的にとることで、さらなる保湿が可能になるのです。美容液を選ぶ際は、ビタミンC誘導体やセラミドが入っているものを選ぶのがいいでしょう。

また、「ノンコメドジェニック」と表記のある美容液を選ぶのもおすすめです。ノンコメドジェニックとは、ニキビができやすい成分の入っていない美容液のことです。どんな成分が含まれているとニキビができやすいのか、素人には判断が難しいですが、これさえ覚えておけば安心ですね。これであなたの肌もニキビ知らずです。

0

乾燥は大敵!化粧水で保湿を

洗顔剤で余分な皮脂、汚れを落としたあとは、化粧水でしっかり保湿をします。乾燥肌はニキビの温床となります。しっかり化粧水を浸透させ、肌を潤った状態に保ちましょう。ですが、保湿目的だからと言って付け過ぎはNGです。ニキビが悪化してしまいます。

化粧水選びにおいて気を付けたいのは、油分を多く含み過ぎていないものを選ぶということです。上記でも述べたように、余分な皮脂が分泌された状態だと、ニキビができやすくなってしまいます。ですので、化粧水は、適度な油分を含んだものを選ぶのがいいでしょう。皮脂の分泌量は個人差があるので、いろいろ試し、自分に合ったものを使ってください。

また、ピーリング化粧水には注意が必要です。ピーリング化粧水は、肌の古い角質を落とすものですが、刺激の強いものが多くあります。その副作用として、乾燥が進み、肌荒れの原因になってしまうのです。ですので、肌の敏感な人は使用を控えたほうがいいでしょう。

最後に、肌に合わないものは使わない、ということも重要になります。例えば、化粧水に含まれる香料やアルコールなどが肌に合わない人がいます。もし、肌に合わないものを使い続けてしまった場合、ニキビだけでなく、かぶれなどの原因にもなってしまいますので注意しましょう。

関連資料⇒保湿ケア化粧品でニキビ対策 / みんなの肌潤糖

0

洗顔剤で余分な皮脂を落とす

ニキビを予防するスキンケア用品としてまず挙げられるのは、洗顔剤です。肌が清潔な状態でないと、毛穴が詰まってしまい、ニキビができる原因になります。ですので、洗顔剤で余分な皮脂を洗い流し、肌をきれいな状態に保つ必要があるのです。ただ、皮脂が余分に出ているからと言って、洗いすぎはNGです。洗顔回数は1日に3回くらいに抑えてください。

洗顔剤は、泡立ちのいいものを選ぶのがおすすめです。泡立ちの良くないものを使ってしまうと、指や手の平で直接顔をこすることになり、肌を傷めてしまう原因になります。洗顔剤には、石鹸タイプやフォームタイプなどさまざまありますが、それに関わらず、とにかく泡立ちのいいものを選ぶのがいいでしょう。100均などで売っているネットを使えば、より多くの泡を立てることができます。

また、あまり刺激の強すぎないものを選ぶのもポイントです。「皮脂をごっそり落とす」などと謳っている商品には、肌に必要な油分まで落としてしまうものもあるのです。皮脂の分泌されすぎもいけませんが、乾燥のし過ぎも、ニキビの原因になります。肌を清潔にしつつ、潤いはしっかり残してくれる洗顔剤を選びましょう。肌のタイプはさまざまなので、自分に合うものを探してみるのがおすすめです。

0

ニキビ予防とスキンケア用品

新春期には、誰もが悩まされるニキビ。しかし、生理前や、強いストレスを感じたときには、大人でもニキビができてしまいます。いわゆる大人ニキビです。ニキビができてしまうと、テンションが下がり、外に出て人に会うのも億劫になってしまいますよね。ですので極力、ニキビは作りたくないものです。ニキビができる原因の一つに、「スキンケア不足」というものが挙げられます。肌の状態が悪くなり、ニキビができやすい環境になってしまっているのです。忙しい現代人にとって、お肌のケアは忘れがちな存在です。でももちろん、この場合の大人ニキビは、正しいスキンケアで予防ができます。

たとえば、ニキビに有効な成分を使ったスキンケア用品を使うことで、ニキビ予防ができます。例を挙げると、洗顔剤です。過度な皮脂の分泌は、ニキビの原因の一つとされています。洗顔剤を使って、余分な脂を洗い流すことで、毛穴のつまりを防ぎ、ニキビを予防できるのです。

また、化粧水もニキビ予防ができるスキンケア用品の一つです。肌の乾燥は、ニキビができる原因の一つとされていますが、化粧水を使うことで肌を保湿し、ニキビを防ぐことができます。

加えて、美容液も使うとなおよいでしょう。美容液で、ニキビに有効な成分をとることで、ニキビができにくい肌を実現することができます。しかし、スキンケア用品なら何でもいいというわけではありません。それらを選ぶ際には注意点もあります。もし、間違ったものを選んでしまうと、ニキビを予防するどころか、逆にお肌の状況を悪化させ、ニキビだらけになってしまうなんてことも。今回は、ニキビ予防に有効なスキンケア商品と、選ぶ際のポイントをご紹介します。

0